皆さまお久しぶりです。
実に、8ヶ月ぶりの登場になります。
新築営業本部の工藤です。

今回は、
先日作りました と、いうより 組み立てました
木製ブランコを自慢させていただきたいと思います。
値段がとってもリーズナブルだし、
モデルハウスにぴったりと思いインターネット通販で取り寄せました。
取り掛かる前は、簡単にできると思い軽く考えていましたが、
梱包を開けると、予想以上にバラバラの状態で・・・
説明書には、「二人以上で組み立ててください」とも書いてあり
一瞬、誰か助っ人を呼ぼうかと弱気になってしまいましたが、
clip_image002
気を取り直して・・・

clip_image0022
けっこう真剣に頑張りまして、
約1時間半近くかかって、なんとか完成しました。
値段の割りに、完成度も高く大満足です。
今度、自宅用に買おうかな?
できあがったブランコは、
東川町西町11丁目(道々東川線沿い)の
当社プレカット工場(オークランド)の敷地内にある
モデルハウスに置いています。
clip_image0023

このモデルハウスは、
週末だけではなく平日でもご覧いただけますし、
工場の中の様子やノース工法に関する展示館も
見学していただけるようになっており
見どころが盛りだくさんですので、
ぜひ一度、ドライブがてらにでもお越しください。

みなさんこんにちは。
今回は、つい先月(10月10日)オープンしたばかりの
移住生活体験型の住宅についてご紹介します。

これまで他の市町村でも、
移住定住促進のためいろいろな型での取り組みが
おこなわれてきていますが、
残念ながら我が旭川市には、
長期的に滞在し移住生活を体験することができる
施設がありませんでした。

そこで・・・、  

当社では、多くの皆様の熱いご要望に応え、
国土交通省所管による事業として採択を受けて
旭川市と地域住民の方々による運営協議会を発足し、
ついに事業開始することができたのです。

ブログAC-23

場所は、蕎麦の産地として全国的に有名な
江丹別町の嵐山地区です。
自然の豊かな環境にマッチした外観に
当社自慢の200年仕様の高性能オール電化住宅で
冬の厳しい自然環境の中でも快適な住み心地を
体験していただくことができますので、
ぜひ一度お越しください。

室内見学希望・お問い合わせ等は
TEL(フリーダイヤル) 0120-411-296
営業本部 工藤 秀典 まで・・・
ご連絡お待ちしております。

 

 

新築営業本部の 工藤 です。

みなさん たいへんお待たせしました。
ついに完成します!!

何が? って・・・。 
それは、 当社が総力を結集して開発した
太陽光発電・収入型住宅e・plant(イープラント)のモデルハウスです。

場所は、旭川市永山9条16丁目(ベルコート永山)
お施主様のご厚意で、3ヶ月間のみモデルハウスとしてお借りし
限定公開させていただきます。

 

 
5月の中旬から着工し、現在大工さんの造作工事中で
完成に向け、現場は順調に進んでいます。

 
残念ながらまだソーラーパネルは取り付けられていませんでしたが
この斜めの屋根の部分に取り付けます。

 

この、e・plant
地球にやさしく家計にもやさしく・・・・

価格は、驚きの1,399万円。

国からの補助金が支給されたり
電力の買い取り価格がこれまでの2倍になる予定であったりと
今、一番熱い 太陽光発電を標準装備し
当然、長期優良住宅(200年住宅)にも適合しています。

さらに今なら・・・・
限定モニター様募集、土地セットプラン などの特別企画も
実施していますので、
詳しくお知りになりたいかたは、お気軽に問い合わせください。

モデルハウス OPENは、7月4日の予定で、
楽しいイベントも計画しています。
(今大人気のハイブリッドカー プ○○スも、やってくる・・・かも?)

詳細が決まりましたらホームページ上でご案内いたしますね。
どうぞお楽しみに!! 

 

新築営業本部の 工藤 です。

すっかり春めいてきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
春といえば・・・・イベントの季節!
イベントといえば・・・・そう、住宅見学会です!!

と、いうことで今回は住宅見学会の様子をお知らせしたいと思います。
(かなり強引な前振りでした)

先週の土曜日・日曜日と、2日間 住宅完成見学会を開催しました。
1軒はオーナー様のご厚意でお引き渡しまでの間
オープンハウスとして公開させていただける、I様邸と
もう一軒は、市内1条22丁目に完成した自社のマンションです。

見学会場の準備は、前日におこなっておきますが、
当日の朝も、周辺に看板を取り付けたりテントを張ったりと大忙しです。
一人でも多くのお客様に気持ちよく来場していただきたいと考え、
心を込めてセッティングしています。

 

 

市内の I様邸にて朝の準備を終えてお迎えの体制に入る営業の上田部長です。

 

完成前に入居者が決まり満室になった好評のマンションです。

 

Youトピアカワムラでは、完成した物件だけではなく
工事中の現場で、しっかりした施工内容を見ていただきたいと、
構造見学会も開催しています。
(次の機会に、この場でご紹介しますね) 

また、見学会などのイベントは、土・日・祝日におこなうことが多いのですが、
平日でも、どしどしご案内させていただいていますので
ぜひお気軽にご一報いただければと思います。
ご連絡を、お待ちしています。

先日、企画開発部の宮川社員が 「CASBEE戸建評価員資格試験」に見事合格し、評価員の資格を取得しました。
CASBEE(キャスビー)とは、建築物の室内快適性や景観への配慮といった品質性能と、省エネや省資源といった環境に対する性能を総合的に評価しランク付けするシステムのことで、国土交通省の主導により(財)建築環境・省エネルギー機構が認証する制度のことなのです。

特に、CASBEE-戸建 では、環境品質の高さと、環境に対する負荷の小ささについて評価しますので、評価が良い住宅とは、「快適・健康・安心で、長く使い続けられる性能が備えられており、エネルギーや水を大切に使い、建設時や解体時にできるだけゴミを出さないように環境負荷を減らす努力をしており、良好な地域環境形成に役に立っている住宅」と言えるのです。

北方型200年住宅実績NO1の、当社のノース工法住宅は、評価シミュレーションにおいて、5段階で最高の Sランク(★★★★★) でした。
現在、認証取得のために、申請の準備を進めているところです。
認証を取得した際には、またこの場でお知らせしたいと思いますので、どうぞご期待ください。

OBSとは当社オリジナルの、

現場公開システム~Open Build System です。

どんなものなのか? 

簡単に説明するとカメラ付き携帯電話によって現場から送られた画像を、

インターネットを利用してお施主様専用のホームページ上で

見ていただくことができるしくみなのです。

 

私たちは、お施主様にどんどん現場に来ていただき、

一緒に住まい創りに参加していただきたいと考えています。 

けれども、忙しくてなかなか現場を見に行く時間がとれないという方や、

遠隔地に住んでいる方も多くいらっしゃいますので、

そういったお施主様にも工事の進行状況をタイムリーにお伝えして、

我が家が出来上がっていくプロセスを楽しんでいただくことと、

うそやごまかしのない施工を確認し安心していただきたいとの思いから、

このシステムをつくりました。

 

現場では大工さんをはじめ、職人さんたちが作業の前後にこんな感じで撮影して送信しています。

(モデルは、ちょっと緊張ぎみの栗田大工さんです)

システム導入当初は、不慣れなために

何を写してあるのか解りづらいような写真も若干ありましたが、

職人さん達も、お施主様に喜んでもらえるようにと

アングルや撮り方をいろいろ工夫してくれてどんどん進化してきました。

今ではどの写真もお施主様が見て解りやすく、

私が見ても感心させられるようなナイスショットがたくさんあります。 

このシステムは、ユーザーIDとパスワードにより、

工事をご契約いただいたお施主様だけしか見ることができないようになっていますが、

どのようなものなのか興味のある方がいらっしゃいましたら、

デモ用のページをご用意していますので、ぜひ、お電話・メール等でお問い合わせください。

はじめまして。

本日からブログデビューしました、工事本部の工藤と申します。

工事本部とは、新築とリフォームの施工管理を担当している部門です。

これから、現場のことや施工のことなど、

ちょっとマニアックな内容などもお伝えできれば… と、思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

さて、去る1024日、安全パトロールをおこないました。

当社では、毎月1回 お取引き業者さんと工事管理者と工事部門以外の社員で、グループをつくり

施工中の現場を抜き打ちでチェックしています。 

 

 

 

大小にかかわらず、現場で事故がおきてしまうとお施主様はもちろん、色々な方に大変なご迷惑を

かけてしまいます。

 

  

 

 これから冬に向かって気温も下がり、雨や雪で一番危険が多くなる時期になりますので、

安全に対する毎日のチェックを入念におこなって、無事故無災害を守っていくように、

参加者一同あらためて固く決意しました。

 

 

 

当社では、いつでも自信を持って見学していただける現場作りをすすめています。

youトピア カワムラ』の看板や旗を見かけたら、お気軽に声をかけて、

ぜひ現場の様子をご覧になってください。