第5弾 増改築営業特販部隊

                      岩井 輝幸

                   平成22年9月30日

 

社員ブログ 1年9ヶ月ぶりの第5弾になります、増改築営業の岩井です。初めてお会いする方もいらっしゃるかもしれませんが、日々皆様のお役に立ちたいと考えています。

秋も深まる10月を向かえますと、急に涼しくなり、今年の猛暑続きだった夏も終わりました。

冬に備えての相談も多くなる季節となりました。今年もお客様のお役に立つよう努力いたします。よろしくお願いします。

本題に入りますが・・・・。

今年一番に紹介したいリフォーム相談現場を紹介いたします。

相談物件

●    1階ブロック住宅、2階木造住宅で、減築して平屋に変更。

●        暖かい住宅にすること。

●       屋根の雪が落ちやすい屋根にすること。

●       家族五人家族。

●         オール電化。

●      水廻り・内装・平面プラン全面改築を提案すること。

●        その他

以上の課題で、現場は始まりました。

DSCN4305

●        着工前の現場

DSCN4594

●      1階のブロックが裸に解体しました。

DSCN4838

●         ブロックにモルタル仕上げの上から外断熱(70mm)をしてジョリパット(塗り壁)にて仕上る予定です。

●        蓄熱効果の高いブロックを活用利用した断熱工法です。

●          窓は高断熱のLow-E硝子を使用。

DSCN4798

●      間仕切り壁は木下地のボード仕上げ。

●    外壁側の内壁はモルタルを下塗りにクロス仕上げ。

●     夏は涼しく、冬は暖かい住宅になりそうです。冬が楽しみです。

DSCN4851

●     外壁は自然素材のジョリパット仕上げにより、大自然の緑と同化して、癒しの仕上がりになりそうです。

●        お客様と一緒に完成まで楽しく進めさせていただきました。紹介したい部分が盛り沢山で・・・・、冬が楽しみです。

●      完成した内部内装を紹介する機会が出来ましたら、紹介いたします。

以上、今年の傑作作品を紹介いたしました。

私 岩井をはじめスタッフ全員がお客様に大満足して頂く為日々努力して参ります。 どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

PS

ブログ、次回も楽しみにしてください。どんなリフォームの現場が行われているのかな・・・。

気持ちだけは若いと思っている 岩井 でした。

皆様こんにちは♪

お久しぶりです。今回は建築旅行記第3弾を報告させて頂きます。
前々回はフランス・パリ郊外の街ポワシーにあるサヴォア邸(設計:ル・コルビジェ作)、前回はス
ペインを代表する建築家『アントニ・ガウディ』についてご紹介しました。

今回は中国2010年上海万博へ行ってきましたので報告させて頂きます。
上海万博は5/1~10/31までの約半年間行われています。
参加国は189カ国 国際機関数が57、トータル246個のパビリオン・施設があり、会場面積は5平
方キロメートル。モナコの国土の約2倍あるようです。
期間中は7000万人の来場が予想され、9/12現在約5070万人が来場しています。
一日平均にすると約37万人が来場し、旭川の人口とほぼ同じです。
確かに会場はすさまじい人・人・人の嵐でした・・・。

上海万博の公式マスコットは「海宝(ハイバオ)」漢字の人をモチーフにしデザインで、今回の万博
のテーマは「より良い都市」という事で人が果たすポジティブな役割をイメージしているようです。
DSC02409

万博では世界各国の文化やデザイン・最先端技術を一度に見ることが出来ます。
その中でも中国人の文化や人間性には大変驚かされました。
細かくは書けませんが、日本人との大きな差を感じました。

万博では全てのパビリオンを見ることは不可能なので、人気パビリオンを中心に作戦を練りながら
見てまわることにしました。
最初に見たのはサウジアラビア館。
ここは全会場の中でも5本の指に入る人気会場。インターネットで調べると皆4~5時間待ちと書い
てありましたが、実際はそんなこと無いかなと安易に並び始めるとやはり5時間待ち。気温32℃湿
度80%超の中、ひたすらに待ち続けました。
DSC02384
9時過ぎから並び見学が終わり出てきたら、既に15時過ぎでした。この時点でかなりの疲労がたまり、
今後しっかりと見学できるか不安でいっぱいになりました。
DSC02455
サウジアラビア館の外観写真です。
館内に関して、基本的に写真撮影は禁止となっていてお見せする事が出来ず非常に残念です・・・。
その後いくつか空いているパビリオンを見学し、万博会場の夜景もしっかりと見学してきました。
DSC02432    DSC02496

DSC02540    DSC02569

DSC02548    DSC02541

DSC02559
2日間万博会場を見学し、最終的には10個のパビリオンしか館内に入ることが出来ませんでしたが、
外観だけでもかなり心に残るものが沢山ありました。
この万博を見たことによって感じた事や経験を活かし今後も色々な分野で活かして行きたいと思い
ます。
また、改めて本物を見る大切さを感じさせられました。今後も本物を見る旅をしっかりやって行き
たいと思います。
以上、今回は上海万博についてでした。ではまたの機会に!!

お久しぶりです。新築営業部の星です。

今年の夏は、暑かったですね。日焼けも例年通り済まし、お客様から会うた
び『(お客様)また一段と焼けましたね』『(私)いやぁ~また焼けちゃいました』
が挨拶代わりになっていました。

先日、11・12日の二日間で秩父別町にて完成住宅の公開を行いました。
お施主様のご好意をいただき公開させていただきました。多くのお客様にはご
来場いただき誠にありがとうございました。
この会場で活躍したのが、iPadです。施工例写真をご覧になっていただきま
した。最近、新築営業部にやってきたiPadは、モデルハウスで写真をご覧にな
っていただいたり、コーディネートの時には出来上がりの様子をご覧になって
いただいたり様々な場面で活躍しております。
今までは、ノートパソコンで写真を出していましたが、所々、パソコンが固
まってしまい、その間をつなげようと冷や汗を掻きながらシドロモドロに話を
してきました。
こんな私を助けてくれたのがiPadです。『ログハウスみたいな木質の家に住
みたいです』『リビングには、吹き抜けが欲しいなぁ』『モダンなお家に住み
たいです』
そこで、iPadの登場です。写真をサクサク出して『こんな吹き抜けにされたお
客様がいましたよ』『このような雰囲気はいかがでしょうか?』
まだまだ、使い慣れていない私ですが、使い込んでいる雰囲気を出し動かし
ております(実はI部長も一緒です)。
 
多くの施工写真をご用意しておりますので、是非、モデルハウスにご来場い
ただきご覧になっていただければと思います。iPadは、今のところ1台でフル
稼働しておりますので、担当営業までご連絡いただければと思います。

201009141033000

お久しぶりです。新築の営業をしている 上田 です。

第5弾は現在はまっているマラソンについて書こうかと思いましたが

まだまだお恥ずかしいので次回にします。

ということで、今回は 旭川うまい居酒屋ベストテンを書こうと思いましたが

ちょっと会社のブログではどうかと思いますよね。(ご要望があれば書きます)(*^_^*)

ということでお家を建てるのに先ず何をしなくてはいけないかをご紹介

いたしましょう。!(^^)!
image0025
1, 融資事前審査
住宅を建てるのに一番必要なのはお金が借りられるか?どうかです。
大きい買い物なので銀行さんも「はいどうぞ」とは簡単にはいきません。
そこで、自分では直接銀行などに相談する前に営業マンにご相談すると
ある程度の判断も出来ますし進め方なども親切にお教えいたします。

2,土地のない方は土地の決定
土地を決めるときは、電柱や縁石、土地の落差、ご近所の雪の問題はないかな
ど吟味して決めなくてはなりませんので、これまた営業マンに聞いてください。

3, プラン作成
プランとは簡単な間取り図のことです。水回り商品や家の大きさや土地のどこに建てるのがよいか等の打ち合わせです。
これが決まれば御契約です。
色々とわがままを言いましょう。(^o^)

まずはこの三つをやることがお家を建てる第一歩です。
その後はお楽しみのコーディネートなどなど目白押し
当社はカーテンや照明も取り扱っておりますので、お客様もとっても楽ですよ。
image0041

お話しは変わりますが、先日24時間テレビのチャリティー神輿を担いでまい

りました。   カワムラからは11人参加しました。

旭川市内や旭川近郊の神輿の会の方々が協力して執り行っておりましたので

大変盛り上がっておりました。

色々な方々の善意を受けたくさんの募金が集まったようでした。

旭川も不況風が強い中、地域で盛り上がる事は大切なことと思います。

残念ながら写真を撮ることが出来ませんでしたので、赤ちゃんになる前の

カワムラのイメージキャラクター その名もトピアくんでお楽しみください。